そうか腸内に「デブ菌」がいるから太っているのか!やっつけねば(>_

ee

情報番組「バイキング」(フジテレビ系)に、理化学研究所招聘研究員・辨野〔べんの〕義己先生が出演。茂木健一郎さんと肥満の原因についてトークをおこなっていました。

辨野先生は、腸内細菌学・微生物分類学分野で「デブ菌」についての研究を行っています。
俗称「デブ菌」とは、消化されたものを体内に溜め込んでしまう菌・ファーミキューテスとのこと。生息地域は、腸。

先生によると、肥満の原因として食べ過ぎや運動不足以外のもう一つの原因は「腸内細菌」。腸内細菌とは、腸の中にいる大量の細菌で、良い菌や悪い菌、どっちつかずの菌などいろいろなものがいて、個人個人で環境は違いうとのこと。

人間の体は食べたものの栄養や水分の80%を小腸で吸収して栄養を補い、吸収されなかったものが大腸を通って排泄される仕組みになっています。しかし腸に「デブ菌」がたくさんいると、体に必要ないものまで吸収し、に溜め込んでしまうらしいです。

怖(^_^;)

「デブ菌は誰もが持っているが、どんな菌がデブ菌かはまだわかっていない」そうですが、アメリカでは、デブ菌を移植された人が太りだしたという実験結果もあるようで、「デブ菌」は肉親や家族からしか感染しないため、太っている母親の子どもは太る可能性が高いのだとか。

よく言ってた、母親が、・・・「結婚するときはあなたの親を見なさい、将来ああなるからね」と・・・80%本当だ!

腸内細菌には、必要のないものを溜め込んでしまう「デブ菌」と、健康な体をつくるために働く「ヤセ菌」(バクテロイデーテス)という2つの菌群に分けられ、問題なのはその比率。理想は「デブ菌」と「ヤセ菌」の比率が4:6ですが、「デブ菌」の比率が増えると肥満につながってしまう可能性が高いらしい。

番組では、実際にタイムマシーン3号の山本さん、関さんらが「デブ菌」を検査。大便検査のほか生活習慣などの問診をおこない、山本さんは「デブ菌」38.9%で「ヤセ菌」59.7%と、ほぼ理想的な割合でした。一方肥満気味の関さんは「デブ菌」66.9%、「ヤセ菌」30.3%で、「デブ菌」7:「ヤセ菌」3という結果で、「デブ菌」が多めでした。

d0926df2f04c1acb

辨野先生によると、「デブ菌」を減らすのに最も効果的な食べ物は「納豆とのこと。納豆菌は胃酸に負けず、生きたまま腸に届き、腸内を整えるパワーをもつそうです。その他、腸内環境のためには野菜とヨーグルトも効果的。辨野先生は自分でも腸内細菌を整えることで10kg以上痩せたそうです。

今年の健康法は「腸内」を整えることが注目されています。
今一度「デブ菌」を増やさない生活を、実践しましょう!

あたしからか・・・(^^;)

 デブ菌をやっつけて、スリムになるぞー  少し・・・。