2流の人が陥る4つのこと

私たちは日々、仕事で難しい課題に向き合っています。その先に目指しているものは「成功」ですが、しかし、「成功」によって、大切なものを失ってしまう人もいます。

NO1、初心を忘れてしまう

社会人として、私たちは様々な人からののアドバイスや自分自身のモチベーションを糧にしながら成長を遂げていきます。しかし、そのうちに「好きでやっている」というモチベーションが、「やらなければならない」という義務感へと変わってくるのです。

成功という事実は、良い親しい人からのアドバイスを聞く姿勢を取りづらくさせてしまいます。お金が絡んでくる場合は、特に。視野が狭くなります。

評価されたり、期待されている時にこそ、仕事を始めたときの「素直な姿勢」を手放さないよう、努力しなければいけません。

 

NO2、自分を過大評価してしまう場合

仕事が成功すると収入が増え、私たちは生活の水準をより高いものにします。

はじめは達成感と優越感でいっぱいかもしれませんが、上げた水準は次第に「普通」へと変わっていくきます。そして、手に入れた高い水準をキープできるように、無意識のうちに自分への期待値を上げてしまいます。

元の生活に戻ることはありえない・・・そう思ってしまうと、自分の首を絞めることになりかねません。

 

NO3、他人の評価に左右されてしまう

あなたが仕事で成功すると、周りの人々から向けられる目が変わります。成功を喜んでくれるだけならまだしも、更なる期待を押し付けてきます。

当然あなたはその期待を裏切りたくないと考え、失敗すれば周囲の人々は自分に失望し、離れていってしまうかもしれないと考えてしまします。

しかし、その成功が本当にあなた自身の価値であるのか、もう一度考えてみてください。何かを達成する前も、何もできない時代にも、変わらずあなたを支えて付き合ってくれた人はいたはずです。

他人に尊敬されるためではなく、自分が好きだから、その仕事に打ち込んできた気持ちを忘れないでください。

 

NO4、仕事人間になり過ぎてしまう

仕事に成功し地位を獲得すると、それが自分のすべてであると考えてしまいます。

それまで習慣にしていた、異業種の情報収集や公園でゆっくりする時間、音楽やただドラマを楽しむ時間などを忘れ、自分と向き合う時間を疎かにしてしまうかもしれません。しかし、仕事以外の時間こそ、あなたを成功に導いた鍵であることを忘れないようにしてください。

「成功者」として「仕事人間」になった途端に、失うものは多いでしょう。自分が本来愛していたことを、思い出す事が大切です。

もちろん、成功は喜ばしいことであり、私たちの人生を一歩先に進めてくれる大切な経験です。しかしそれによって、自分の人生を振り回されてしまわないよう、周りを確認し、信念を持保つことこそが重要なのです。

他人の評価やお金のため、ステータスのためではなく、何かを始めるときに抱いていた、わくわくした感を思い出しながらこれからも進んでいきましょう。

reference:by Nicolas Cole

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です