世界中にシェアハウスがある民泊を超える「コーリビング」って何?

泊まる、を超えて「住む」 Co-Livingの魅力

東京オリンピックを4年後に控えたいま、Airbnbに代表される民泊は、もはや一般的と言えるかもしれません。そんないま芽生えつつある民泊を超える概念が「コーリビング(Co-Living=Community Living)」です。「泊まる」を越えて「住む」ことをシェアするのです。

■泊まる、を超えて「住む」Co-Living

コーリビングサービス

このコーリビングサービスを展開する「Roam」は、一律料金でいろいろな国のコーリビングスペースに滞在できる、というもの。現在は、インドネシアのバリ、アメリカのマイアミ、スペインのマドリード、ブエノスアイレス、ロンドン、日本では東京の赤坂や六本木にに滞在することが可能です。

料金は週に500ドルか、月に1,800ドル。20~50のバスルーム付のプライベートルームと、高速Wi-Fi、商業レベルの設備のキッチンやコワーキングスペース、洗濯機などが使用できるとか。物件によってはヨガスタジオやプール付きもあるみたいですよ。



たとえばインドネシア「ウブド」

コーリビングサービス

Roam Ubudは、共同生活空間ネットワークに加盟しているウブドのユニークなコンセプトの宿泊施設で、お部屋24室、共用キッチン、屋上カフェ、ヨガデッキがあり、インターネットも常時接続。

館内にレストラン&バーもあり、メンバーのイベントや会議やコミュニティの集まりも開催しているようです。

Booking.comからも予約できるよう。

やっぱり一番の魅力は「交流」

Roam

 

「Roam」は大規模なホームシェアと、コーワキングスペースが合体したようなもので、利用者は世界各国から集まってきた人。広いキッチンで、お互いの母国料理や地元の食材で料理をつくり、交流することもできます。

フリーランサーが集まりやすいのも想像がつくので、新しい出会いによるビジネスの広がりなども望めそうですね。日本のコワーキングスペースで「国境を越える」ことはなかなか難しいですが、この「Roam」なら期待できそうです。

Roam

 

もちろん、人との交流はつまみ食い程度にして、バリのプールサイドでハンモックで揺られながら読書三昧をしたいあなたにも、オススメ。

「仕事をまとめて休んで旅行するのではなく、腰を落ち着けてリゾートで仕事がしたい」。500ドルでそれが叶うなら、きっと素敵なアウトプットになるでしょう。

Roam東京

Roam東京
Roam東京



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です