格安フィリピン留学ならマニラ・セブ!一時間あたりの費用で徹底比較

フィリピン留学に行くならホテルプランが便利!ビーチの近くの学校が素敵だ!

どうしてフィリピン留学なのか、なぜ欧米留学ではないのか。その答えの一つは、その抜群なコストパフォーマンスにある。欧米語学留学の半額以下で英語が学べるのである。しかもグループレッスン主体ではなく、マンツーマンレッスンが基本。安い分、豪華で綺麗な部屋に泊まりたい気持ちもわかるが、特にお金のない大学生のフィリピン留学は安くに越したことはないです。

でも相次ぐフィリピン留学業界の昨今、学校が多すぎてどれが本当に格安なのか判断が難しいです。英語学校によって、授業料の算出基準は異なるし、宿泊費と授業料が一緒くたになっていたり、どこが安いのかいまいちよく分かかりません。

費用の高い学校へ行って、英語がその分伸びるかと言えば一概には言えません。特にフィリピン人に教育システムを任せているところは、英語はあまり伸びないと思った方がいいです。日本人脳にあった教授法は日本人にしか分かり得ないからです。

費用の高い学校へ行っても格安の学校へ行っても効果が一緒ならば、格安フィリピン留学の語学学校を選ぶでしょう。マンツーマンレッスンが4時間のプランをピックアップ、グループレッスンは効果的なレッスンでは無いので外しています。

格安フィリピン留学を選ぶ際の注意点

1時間あたりの留学費用は次章で紹介するとして、ここでは格安フィリピン留学を選ぶ際にこんな格安フィリピン留学は外したほうがいいなと思える点をあげました。

施設内や複数人部屋での飲酒ルールが決められていないOR守られていない

同じ日本親同士で飲み会は始まるのは、NG。フィリピン留学の学校が厳しくルール運用をしていないと、こっそりと部屋で飲み会が始まってしまいます。(まあ、休みの日はいいとして)
また、教室と宿舎一体型の英語学校では、ドンちゃん騒ぎで、夜間に勉強ができなかったという声も聞いたことがあります。大学生インターンだけで運用している学校は避けたほうがいいです。

エアコンの運用ルールが決められていない

常夏のフィリピン留学で、他人と一緒に暑苦しい複数人部屋をエアコンなしで切り抜けることは無理です。格安フィリピン留学だけにエアコン代はしっかりと徴収する学校が多い。固定のエアコン代であれば問題ないが、従量制の場合、誰が徴収するのか、どの時点を計算の基準にするのかなど確認したほうがいいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です