なぜあの人は私に意地悪をするの?意地悪な人の心理と意地悪された時の対処法

意地悪な人は、なぜ意地悪なのでしょうか。意地悪をして何か得られるものがあるのでしょうか。相手の反応を見て喜んでいるのでしょうか。それとも、意地悪をしたい訳ではないのに、自然とそうしてしまうのか?

意地悪なことをされた人

意地悪なことをされた時、意地悪をした側は、意地悪なことをしていると認識しているのか、認識していないか、自覚の有無があります。そして、意地悪をされた側は、相手の行動に対して「意地悪をされた」と受け手側の解釈が入ります。意地悪という「行動」に対して、どう捉えるかは人それぞれです。例えば、あなたが職場でゴミ捨て当番をうっかり忘れてしまったとします。それを同僚から「あなたが忘れていたゴミ捨てをやっておいたから」と言われた場合、「代わりにやってくれるなんて優しい人だ」と受け取る場合もあれば「いちいち指摘するなんて意地悪だ」と受け取る場合もあるでしょう。このように、行為に対する解釈には、受け取る側の「考え方、捉え方のクセ」が影響します。悲観的に受け取る、被害的に受け取るクセがある方は、些細なことを意地悪だと受け取ってしまう場合があるでしょう。

第三者に相談することで、客観的な意見を聞いて参考にしても良いでしょう。「それは意地悪だね」という意見を得られるのならば、あなたの捉え方のクセだけではないかもしれません。相談する際は、自分と似た性格、似た考えを持つ人ではなく、異なる性格の人、より客観的な視点に立てる人を選びましょう。相談した結果、他者にとっては意地悪ではないと受け取られるものだったり、些細な意地悪を日常的に何度も感じたりする場合は、あなたの捉え方のクセが関係しているかもしれません。捉え方のクセが強い場合は、人生を損してしまっている可能性があります。相手の行為を意地悪だと受け取ることで、あなたの態度も変化し、実際に人間関係が悪化することがあるからです。

意地悪なことをする人

意地悪な行動に対して、それが意地悪だと気づいていない場合、他者の気持ちを想像できない場合があるでしょう。また、怒りの感情が強くなりやすく、上手にコントロールできないため、怒りのまま意地悪をしてしまうことがあるかもしれません。意地悪によって他者を操作・支配しようとしている場合もあるでしょう。その人自身、捉え方のクセがあって、あなたの何かしらの行動を意地悪だと受け取り、意地悪をされた仕返しをしているのかもしれません。疑心暗鬼になり、あなたの反応を確かめるための試し行動をしている場合もあるでしょう。相手の反応に敏感であったり、自分に自信がない場合は、「この人には欠点がない」「この人は自分の欠点を見抜くだろう」と感じた相手に対して、自分の欠点がバレないように意地悪な態度を取っているのかもしれません。

意地悪をする理由は、一つに絞れないことがほとんどだと思います。様々な要因が絡み合い、そのような態度になっている場合がほとんどでしょう。そして、要因を辿っていくと、その人が苦労して生きてきた歴史にたどり着くかもしれません。日常的に意地悪な行動を繰り返している人は、「現在」の悩みだけではなく、「過去」から続く悩みが現在の対人関係にも影響を与えている場合が多いでしょう。そうなると、すぐに相手が変わるのは難しいかもしれません。

Nasty person

意地悪なことをされたと感じたとき、どうすればいいか?

1.自分の捉え方のクセがないか振り返ってみる
まずは自分の捉え方のクセがないか振り返ってみましょう。自分のクセが強い場合は、自分の捉え方を工夫することで、意地悪な行為に対する辛さが変化していきます。

2.相手はなぜそのような行動を取るのか考えてみる
相手の行動の背景を想像してみます。相手の悩みや辛さを想像することで、具体的な解決策が思い浮かぶ場合があるでしょう。相手のストレスや警戒心を緩和されるような対応を心がけることや相手を安心させること、相手の欠点に触れる話題は配慮することなどで、意地悪な態度が変化するかもしれません。

3.1対1の関係を避ける
自分の捉え方を工夫しても、相手の行動の背景を考えても解決しない場合は、相手との1対1の関係を避け、複数人で対応しても良いでしょう。意地悪は1対1の関係で起きやすく、第三者がいることであなたの安全を守れる場合があります。また、共通の上司や同僚など、身近で信頼できそうな人に相談することで、心の負担が軽くなるでしょう。同じ環境にいる人が、自分の辛さを理解してくれているだけでも、安心感は高まるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です