「苦手だけど、付き合わなければいけない」人への対処法

「〇〇したいのに□□できない」といった矛盾や競合が生まれる状況を心理学では【コンフリクト(葛藤)】と呼びます。心理学者のクルト・レヴィンは、葛藤には接近欲求(近づきたい)と回避欲求(離れたい)の2つの種類があるとし、さらに葛藤パターンを3つに分けています。

(1)  接近-接近型

どちらも自分にとってプラスで、どちらもやりたいけど一つしか選べないもの。

  例)Aさんにも会いたいけど、Bさんにも会いたい

(2)回避-回避型

欲求の対象がプラスとマイナスで、やりたいけれど問題が起こってしまうもの。

  例)・上司に報告しに行くのが嫌。でもこれが終わらないと友達とのご飯に行けない

    ・恋人と別れたい。でも別れを伝えると気まずくなってしまう。

葛藤にも様々ありますが、特に大変なのが『接近-回避型』の葛藤かもしれません。「〇〇したいなら△△しなればいけない」という状況は、人間関係の中でも実はたくさんありますよね。そういった葛藤を乗り切る術を持っていれば問題ないのですが、うまく乗り切ることができないとフラストレーション(欲求不満)が溜まり、心身に影響を及ぼすこともあるので注意が必要です。

葛藤への対処、どうすれば?

自分の力で解決できるものなのかを見極めよう
問題によっては自分でなんとかできるものとできないものがあります。人間関係の場合も同じで、相手と面と向かって解決できるものであれば良いですが、第三者に入ってもらえた方がうまくいくことも。自分の力では解決が難しいと思ったら、誰かにサポートに入ってもらいましょう。

待ってみましょう
どちらにしたら良いのか分からない時、混乱している時は、あえて行動しない・決定しないというのも大切なスキル。人間関係においても『時が解決する』ということも実はたくさんあります。

視野を変えてみよう
なかなか問題が解決しない時は、第三の案・方法を見つけたり、これまでと違う視点を持つよう意識してみましょう。「こうあるべき」というこだわりが視野を狭くし、かえって解決を遅らせたり、葛藤をますます強めてしまうことも。人間関係の中では「こういう考え方もあるかも」「この人のこういうところは受け入れられそう」など、見方の角度を変える事で相手に対して持つ印象や沸き起こる感情に変化が見られるかもしれません。

葛藤解決スキルを身につけておくと、人間関係の中での困りごとや悩みごとと直面した時に大いに役立ちます。しかし、葛藤と直面することや抱えておくのは意外としんどいもの。一人で解決するのが難しい時は、ぜひ専門家のサポートを受けてみて。一人で考えていた時には見えてこなかった対処法が見えてくるかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です