結婚する前にパートナーのココを見極めて!お金の観点から

この人と結婚してもいいのだろうか?パートナー候補のどんな部分を観察すればいいのか?お金の観点から科学的なポイントをご紹介。

経済学者のロススタインの研究によると、「世帯所得を左右する二大項目は、『パートナーの収入』と『不労所得』」なのだとか。

パートナーを決めるときには、結婚する前、婚約をする前、お付き合いを始める前に、相手の収入は最低限、知っておきたいところです。とはいえ、「あなたの年収は何万円ですか?」とは、なかなか聞けませんよね…。聞いてしまえば、(お金目当てか…)と思われてしまうかもしれませんし、人間関係が壊れてしまう恐れもあります。

とはいえ、何もメドが立たないうちに、「結婚する!」と決めるのも危険です。付き合い始めてみてから、「お金にだらしの無い、貧乏人だった!」と後悔するのは、できれば避けたいものです。

今回は、婚活中の男女の方に向けて、「高収入なパートナーを探すとき、パートナー候補のどんな部分を観察すれば、相手の収入を予想することができるのか?」科学的なポイントを3つご紹介

テンプル大学の研究 

高収入なパートナーを探したいときには、「年収」と直接関係のありそうなポイントを、優先的に確かめるのが有効です。

テンプル大学のWilliam H. Hamptonらの研究によると、いくつかある要素のうち、収入の予測につながる要素トップ5は、以下の5つだったのだとか。

第1位:職業
第2位:教育
第3位:住んでいる場所
第4位:性別
第5位:遅延割引

このうち、「住んでいる場所」や「性別」は、変えることが難しいです。

ですので、高収入なパートナーを探すときは、「住んでいる場所」と「性別」の2要素を差し引いて、「職業」「教育」「遅延割引」の3要素に注目して、パートナー候補を観察するとよいでしょう。

チェックポイント1:職業 

1つ目のチェックポイントは、「職業」です。当たり前ではありますが、職業は収入に大きな影響を与えます。高収入なパートナーを求める方は、相手の職業にはこだわるべきでしょう。
 
ちなみに、厚生労働省の調査(3)によれば、高収入な職種トップ5は、「医師」「航空機操縦士」「大学教授」「公認会計士」「弁護士」の5つだったのだとか。
 
これらの職種に限らず、真剣にパートナーの収入を見極めたい方は、「相手の職業は、日本全体で見て、どれくらいの収入を稼いでいるのだろうか?」を確認するとよいでしょう。最近は、転職支援サイトで、年齢別の平均年収がまとめられています。こういった情報源を頼りに、パートナー候補の収入に当たりを付けてみてはいかがでしょうか。

チェックポイント2:教育 

2つ目のチェックポイントは、「教育」です。

「性格は素敵なんだけど、この人のせいでお金の苦労をするのは、ちょっとなぁ…」と思う場合は、パートナー候補の教育レベルについても確認した方がよいでしょう。

一部のベンチャーで成功した人をの除いて、一般に、「学歴が高い人ほど高収入」というのは間違いなく事実ですから、この点は確認しておくとよいでしょう。厚生労働省の調査によれば、年収は「大卒>短大卒>高卒」の順になる傾向があると分かっています。最低限、最終学歴はチェックしておきましょう。

チェックポイント3:遅延割引

3つ目のチェックポイントは、「遅延割引」です。遅延割引とは、「将来の大きな報酬を受け取るために、現在の小さな報酬を我慢できるか?」という概念です。
 
遅延割引の有効性については、スタンフォード大学の心理学者、ウォルター・ミシェルが行ったマシュマロ実験が有名です。


 
この実験では、「今すぐマシュマロを1つ食べるか、15分間、我慢した後にマシュマロを2つもらうか」の二択を子供に選ばせる実験を行いました。実験の結果、マシュマロの誘惑を我慢できた子供は、20年後にも成功している可能性が高かったのだとか。

つまり、「長期的な視点で考えられる人」「将来のために、今を我慢できる、自制心を持っている人」が、経済的にも成功しやすいということです。最近になって、マシュマロ実験は一部反証されましたが、それでも有効な要素の1つであることには違いなさそうですね。
 
ですから、パートナーを選ぶときには、相手に「自制心があるか?」を観察してみると良いでしょう。