お気に入り女優ジニファー・グッドウィンの「Something Borrowed/幸せのジンクス」

00201

いまイチオシのハリウッド女優ジニファー・グッドウィン

共演のケイト・ハドソンみたいにハリウッド女優ならではの派手さはないが、そこがなぜか幼気で?魅力的な女優のひとりである。 (まあ、本作では健気だが強引なところもあるのだが) 今回ご紹介する恋愛ムービー「Something Borrowed/幸せのジンクス」はE・ギフィンの全米ベストセラーを映画化したロマンティックムービー。 ひそかに思いを寄せていた親友の婚約者と、 ある夜思わず関係を持ってしまったヒロインの困惑を綴る。 「Something Borrowed」とは、結婚式の4つの幸せのジンクスの一つ 、花嫁が「何か借りたもの」を身につけると幸せになれるという伝承の意味。 それをモチーフにしたラブロマンス(ラブコメディーの方が正解かも・・・) E・ギフィンの全米ベストセラー「サムシング・ボロウ」を映画化した作品です。 20120915_78846

華やかな親友の引き立て役になってばかりだった内気な主人公が、 ある日その親友の婚約者と深い仲に・・・。 その恋と友情の間で揺れる主人公を演じるのがG・グッドウィンです。 物語 30歳の地味め知的キャリアウーマン、レイチェル(ジニファー・グッドウィン)は 品行方正で人が良く未だ独り身。 一方そんな彼女の幼馴染で大親友のダーシー(ケイト・ハドソン)は 自由奔放で自分に素直に生きる女性。 しかしダーシーが主催したレイチェルの誕生日パーティの後、 レイチェルは酔った勢いでダーシーの婚約者で自らの学生時代の想い人 デックス(コリン・エッグレスフィールド)に自分の想いをもらしてしまい・・・。 親友の婚約者を寝取るという一番やっちゃいかんことをやらかして、 親友と彼の間で悩むことになった女子という・・・一見味方しにくい主人公ですが・・・。 しかしまずとにかく真面目で控えめで可愛らしいキャラクターであったので、 さほどヤな気持ちにならずに・・・。

31264745

まあそんな経験てのも・・・。 (婚約はともかくとして、恋人と云う間柄では誰にでもあるのでは?人に言えない秘密・・・とか?) 人間は誰でも、間違えたり、失敗したりします。 自分に自信がなかったり、勘違いして判断を相手のことが大切だから、 間違えちゃったりすることも誤ったり、 あるんですよね~。 そういうことを思い出させてくれる映画です。 ぜひ、ドキドキ、ちょっとハラハラ、ニンマリ笑える恋愛映画なので、レンタルして見てみては? 秋の夜長にぴったりかも♥

◆幸せのジンクス(Something Borrowed)2011年/米
監督:ルーク・グリーンフィールド 原題 『 Something Borrowed 』
原作 エミリー・ギフィン
<キャスト>
ジニファー・グッドウィン、ケイト・ハドソン
コリン・エッグレスフィールド、ジョン・クラシンスキー etc