彼氏が別たくなる、宿泊先での女性の失態の理由3とは?

ラブ旅行

付き合ってしばらくしたら二人だけの時間を過ごせる旅行には出かけたくなるものです。ふたりだけのイチャイチャした旅行は妄想が膨らみます。でも気を付けて!イチャ旅行には破局に繋がる罠が張り巡らされています・・・。

昔は「成田離婚」なんて言葉が流行ったように、旅行先で破局するカップルは多いはず。
せっかくの彼との旅行を台無しにしないためにも、注意すべき点をチェックしておきましょう。

1.宿泊先をいい加減に選ばないで!

全国30カ所に旅館・リゾートを運営する星野リゾートが行った「現代のカップルたちの恋旅事情」調査によると、楽しいはずの旅行が“最悪な旅行”へと変わってしまうカップルの多数は、“宿泊先”を重要視していなかったという理由らしいです。

確かに、観光でクタクタになって帰ってきたのに、ゆっくりできないボロボロの部屋では疲れも取れません……こんなことでは、せっかくの楽しい旅行にケチがついてしまいます。旅行は疲れるのが前提ですから、休める場所もしっかりチェックしておきいたほうがイイでしょう。

2.気に入らない家具などの配置替えをしないで!

日あたりや、場所が気に入らないからといって急に配置替えをするのはタブーです。彼氏はポカーンするだろうし、いい印象はもちません。ここは他人の経営する宿泊場所だということに気づいてください。

ソファをテレビの見やすい位置に動かしたり、邪魔だからと机を動かしたり。こだわりのお部屋づくりは、自宅だけにとどめておきましょう。

3.持ち帰り不可の備品も持ち帰ろうとしないで!

歯ブラシや化粧水など、最近の宿泊先はアメニティグッズが充実しています。しかし場合によっては、持って帰ってはいけないアメニティグッズもあります。

宿泊先の備品を持ち帰る行動は、“せこい”“ケチ臭い”とマイナス評価を彼に与えてしまいますので、できるだけやめておきましょう。

旅の恥はかき捨て」とは言いますが、かいて良い恥と駄目な恥があることをお忘れなく。