めんどくさい男性の特徴って?めんどくさい男の心理や別れ方

出会った時はそうでもなかったのに、付き合ってみたら意外とめんどさい……そんな男性に出会ったことはありませんか? そんなめんどくさい男は、別れたいのになかなか縁を切りづらかったり、空気を読めない行動をしてきたりと、あなたや友人に迷惑をかけてしまうことも。めんどくさい男に捕まってしまった際の対処法やその心理をなど・・・。

めんどくさい男

めんどくさい男性や男友達ってどうしてる?

あなたは彼氏や男友達について「少しめんどくさいな」と思ったとき、それをスルーできる人ですか?

もしそれができるなら、もちろんそれでもオッケー。周りから「あなたの彼氏、めんどくさくない?」と言われたとしても、あなたとの相性が合っているなら大丈夫でしょう。

問題なのは、その「めんどくささ」がエスカレートして、あなた自身に迷惑がかかってくるとき。そうなる前に、まずはその人がめんどくさいタイプかどうかを見抜くことができれば、事前にある程度は対応できるはずです!



1:めんどくさい男性のSNS!

めんどくさい男の特徴は、その男性のSNSの使い方からもよく見抜くことができます。

(1)話す気あるの?な短文LINE

めんどくさい男に、コミュニケーションが不得意なタイプも多いです。そしてそれに自覚がないことも。

なぜか高頻度でLINEをしたがるのに、自分から話題を振るわけでもない。でも返信しないと、さらに脈絡のない話を始めたりします。

(2)待てない返信

めんどくさい男は、相手からの連絡を待てません。相手の都合や気持ちを考えずに、自分が「リアクションを欲しい」という欲望を爆発させてしまうので、よく「追撃LINE」をしてしまいます。

未読時間が短いのに追撃してしまう男は、たいていの場合、短気な性格でしょう。急ぎの用でもないのに追撃LINEが多い男には、注意が必要でしょう。

(3)かまってちゃん

めんどくさい男は、好きな人にLINEをシカトされると、高確率でSNSを鬼更新します。Twitterで病みツイートを頻発させたり、Instagramのストーリーに謎な投稿をしたり……。

そして好きな子の足跡がつかないかを、ずっと気にしてしまうのです……。これは“見ないが吉”なので、ストーリーに気配を感じたら、それを表示されないように気をつけましょう。

(4)SNSのアイコンを頻繁に更新する

かまってちゃんでめんどくさい男は、すぐにSNSやLINEのアイコンを変えます。気になる人に話しかけてもらうきっかけづくりに必死で、アイコンやLINEのミュージック設定をすぐ変えます。

 

2:めんどくさい男性が好きな女の子

めんどくさい男ばかりに好かれる!という人は、「めんどくさい男を呼び込む魅力」がある可能性があります。

めんどくさい男に引っかからないためには、彼らが好みやすい女性像を理解しておきましょう。対処法も見えくるはずですよ。

(1)なんでも面白がってくれる子

めんどくさい男は自分に自信がないので、自分の発言や行動を面白がってくれる子を好みます。めんどくさい男にとって、笑ってくれる=自分を受け入れてくれた人なのです。

人を逸らさないタイプや、笑いのハードルが低いゲラな人は、めんどくさい男が依存する特徴のひとつになります。

(2)かまってくれる子

めんどくさい男にはさみしがりやが多いので、基本的にはかまってくれる人が好きです。

LINEをペースに合わせていちいち返してあげたりしていたら、だめです。めんどくさい男はスムーズに合わせてくれる子に着いていきます。

(3)自分をたててくれる子

めんどくさい男は自己承認欲求が高く、常に自分を肯定されたいと思っています。

おだてれば調子にのる、それがめんどうな男です。

めんどくさい男とのスムーズな別れ方

(1)会わずに電話で伝える

めんどくさい男を対面で振るのは至難の業。強引に別れないと、いつまでもずるずるとゾンビのように泣きつかれる可能性もあります。

まずは電話で「別れたい!」ということを伝え、「意見は聞かない。言い訳も聞かない。以上」くらい冷徹に振るのがコツです。言い訳を聞き始めると、朝になり時間の無駄です。

(2)何もかもを断って完全フェードアウト

それでもダメな場合、「完全フェードアウト」しましょう。SNSはブロックし着信拒否。これでたいていの連絡は取れなくなります。


でも一人暮らしで、家を知られている場合は問題です。めんどくさい男は、別れたくないがあまり、家に来てしまいます。その場合は思い切って、引越ししましょう!その部屋が不運の場所なのかもしれませんし。知人の女の子も男と分かれるために引越ししました(夜に・・・)いまではいい運気もあって新しい恋人ができています。

(3)友人同席での別れ話

鍵など重要なものを返してほしい場合は、友人に同席してもらうことで牽制になります。めんどくさい男は外面がいいタイプも多く、他人に首を突っ込まれることを嫌います。そのため、ひとりで挑むよりスムーズにことが進むでしょう。

結論として

めんどくさい男とはまともに相手をしない!

「めんどくさい」と人に言われてしまうのは、「空気が読めない」「自己中心的」「コミュニケーション下手」などの原因があります。

そういうめんどくささを愛せるうちはいいのですが、もし危険を察知した場合、まともに話し合いをするのはほぼ不可能。「マズイな、こいつ“めんどくさい男”だな」と思ったら、気持ちを切り替えて冷たくするのがいちばん有効です。

中途半端に愛情を向けていると、ストーカー化してしまう場合もあるので、さっさと振り切るコトが必要です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です