マレーシアに観光税(Tourism Tax)が導入されました(2017年9月1日)

マレーシアでは2017年9月1日宿泊より、旅行者に対して観光税(Tourism Tax)が導入される事になったみたいです。マレーシア国内の宿泊施設に滞在する旅行者(マレーシア国籍除く)に対して、1泊1室でRM10をチェックアウト時に加算されます。

■対象となる宿泊施設

・ホテル、サービスアパートメント、ロッジ等

(※総室数が4部屋以下のホテルやマレーシア観光文化省で許可しているホームステイ施設、カンポンステイ施設や商業目的でない福祉施設や政府機関の教育施設等は対象外です)

■お支払い方法

・清算時に宿泊代金と共に加算されます。

例)RM260のホテルに1泊宿泊した場合

料金種別 金額 合計額
宿泊費(1泊1室) RM260 RM260
サービス税(10%) RM260x10% RM26
消費税(GST:6%) RM286x6% RM26
観光税 RM10 RM10
合計  RM313.16

※ペナン島、マラッカ、ランカウイ島等、すでに自治体の諸税が導入されている都市では上記金額に各都市の所定の税額が加算されます。

■観光税(Tourism Tax)に関する詳細

マレーシア観光税についての政府サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です