台北駅から十分(シーフェン)⇒九份(キュウフン )への行き方

台北駅から十分(シーフェン)⇒九份(キュウフン )への行き方

台北駅から⇒十分(シーフェン Shifen)に行ってランタン上げをし、九份(キュウフン Chiufen)で観光をするを、自分で電車に乗って行く道順です。

バスで行くツアーもありますが、実際に行ってみたら、意外と簡単です。しかも往復料金は約162元(615円)~とかなりチープ。快速電車は日本と同じくらい時間通りに走っています。(平渓線は一部特急待ちなどで遅れることもありますが・・・汽車なので)

大まかなルート

台北駅⇒瑞芳駅(ルイフォン Ruifang)で乗換⇒十分駅(シーフェン Shifen)⇒ランタン上げ⇒瑞芳駅(ルイフォン Ruifang)⇒バスかタクシーで九份(キュウフン Chiufen)観光⇒瑞芳駅(ルイフォン Ruifang)⇒台北駅

 

台北駅から十分⇒九份への行き方

 

まずは「悠遊カード(EasyCard)」を買う

2、3日の旅行なら「悠遊カード(EasyCard)」を買うほうが便利です。MRTなど地下鉄や台湾鉄道、バスで簡単に乗車でき、運賃が2割引になります。日本で云う「イコカ」や「スイカ」ですね。もちろん「悠遊カード(EasyCard)」でもコンビニやその他ショッピングでの支払いも可能です。

 

悠遊カード(EasyCard)

 

ただし、カード発行代が100元(380円)かかります。(返金は不可)
チャージ分(100元から可能)は最後に手続きすれば返ってきますが、そんなにチャージせず残りは空港のお土産屋さんかショッピングで使う方がいいでしょう。

悠遊カードはMRTショップやセブンイレブンなどで売っていますが、空港から台北駅まで電車で向かうなら台湾桃園空港で買うのが一番いいでしょう。

悠遊カードは台湾桃園空港MRTの自動切符売場で買えます。切符売り場に案内のおばちゃんがいてるので、買いかたを教えてくれます。指示通りなら500元(1900円)のカードを買わされます。(カード購入代100元+チャージ代400元)まあ、そのくらいは使います。

※カードのデザインにこだわる方は悠遊カード(EasyCard)の販売カウンター「電子票證聯合服務」でお買い求めください。

カードでそのまま「ピ!」とし、台湾桃園空港MRTに乗りターミナル駅⇒台北駅まで行けます。悠遊カードで150元(570円)


台北駅に行きます

1階に切符売り場があります。普通電車や快速で行くのならそのまま、地下の改札に向かい悠遊カードを「ピ!」とするだけで乗れます。11月~など観光客が少ない時は快速で十分座れますが、夏など観光客が多い時期やどうしても座って行きたいという方は特急列車を使ってください。その場合は別で指定券を1階窓口で購入しなければいけません。

※指定券を買う場合は「台湾駅⇒瑞芳駅」の切符を購入してください。「瑞芳駅⇒十分駅」では悠遊カードが使えます。瑞芳駅で改札一旦出て、「ピ!」として再入場して下さい。

 

電車の種類

1、普悠瑪…予約制の指定席のみ、約76元(約280円)
2、自強…予約制で指定席か立ち乗り、約76元(約280円)
3、莒光…予約制で指定席か立ち乗り、約59元(約240円)
4、區間快…自由席の快速列車、49元(約180円)
5、區間車…自由席の各駅停車、49元(約180円)

車種 分類 運賃 指定席 予約 切符 悠遊カード
區間車 普通 NTD49 なし 不可
區間快 快速 NTD49 なし 不可
自強 新快速 NTD76 全席※
莒光 新快速 NTD59 全席※
普悠瑪 特急 NTD76 全席 不可
太魯閣 特急 NTD76 全席 不可

 

※「區間快…自由席の快速列車」で約45分です。

時間はGoogle Mapで検索すれば乗り換え込みで出てきます。

※瑞芳駅で平渓線に乗り換えますが、瑞芳駅⇒十分駅の(平渓線)は1時間に1本しか出ていないので気をつけてください。これもGoogle Mapで検索すれば、乗り継ぎ時間も検索してくれます。

台北駅での乗り場は「4B」です。

台北駅から瑞芳駅まで


平渓線に乗り換え:瑞芳駅(ルイフォン Ruifang)⇒十分駅(シーフェン Shifen)

 

瑞芳での乗り換え

 

瑞芳駅(ルイフォン Ruifang)に到着したら。電車を降りて駅の指示に従って、3番ホームに移動して下さい。

(※切符の場合は⇒3番ホームの改札に駅員が立っているので、切符渡して改札にあるカードリーダーに悠遊カードを「ピ!」としてください。)

ここからは汽車になります。結構揺れるし混みます。座れないこと多々あります。所要時間は約20分。特急待ちの場合は45分かかります。悠遊カードで17元(65円)

 

十分到着!

 

十分でランタン上げ

 

電車に揺られること20分あまり、十分に到着します。列車を降りたら、とりあえず反対側のホームへ。すると駅舎のおばちゃんが切符をチェックしているので無視して、カードリーダーに「ピ!」としてください。

老街(商店街)へ向かって歩いているとランタン上げのお店のスタッフさんが話しかけてきますので好きな店に入りましょう。

基本的に料金はどこも同じです。

1色なら150元(約550円)、カラフル(4色)なら200元(約740円)です。

台北駅から十分⇒九份への行き方


これは1色、黄色のランタンです。(橙:金運 (´・_・`))

ここに願い事を筆で書きます。

2面を書き終えたら少し乾かし、スタッフさんにOKだと声をかけましょう。そのあと面を変えてくれるので残りの2面も書いていきます。

書き終えたら線路に出ていざランタン上げです!

十分でランタン上げ
待機中

 

スタッフのおっちゃんかおねえさんにスマホを渡すと、4面をそれぞれ撮影してくれます。

 

台湾の十分でランタン上げ
四面撮影

 

撮り終えたら中に火を付けます。そして「三、二、一、放!」の合図でランタンを放ちます。

 

台湾の十分でランタン上げ
ランタン上げ

 

スタッタさんは全て心得ているので、同時に動画を撮ってくれます!(たまたまかもしれないので要確認)

しかし、愉しいです♥




台湾の十分でランタン上げ

 

ランタン上げ体験のあとは、時間があれば(朝早く来ているのなら)十分老街で食べ歩きやお土産選びをするも良し、吊り橋から自然あふれる景色を眺めてのんびりするも良しです。

 

さあ次は九份へ!十分駅(シーフェン Shifen)⇒瑞芳駅(ルイフォン Ruifang)

十分を満喫したら次は九份へ向かいます。行きに乗り換えた瑞芳駅(ルイフォン Ruifang)へ戻ります。そこからバスかタクシーに乗れば九份に行けます。

帰りの電車はかなり混むので早めに並んでおいたほうが得策です。先にGoogle Mapで時間を調べておきましょう!

改札で悠遊カードを「ピ!」として、電車に乗り込みます。

 

台湾の十分でランタン上げ

 

瑞芳駅(ルイフォン Ruifang)に到着

瑞芳駅(ルイフォン Ruifang)に着いたら3番ホームとは反対側の前站(改札)をでます。

駅を出たらバス停がありますが、数人で来ているなら行きはタクシーを使ったほうが得策です。タクシー乗り場は駅を出て左方向にあります。タクシーの運ちゃん曰くここには150台のタクシーが常駐しているみたいです。




瑞芳駅(ルイフォン Ruifang)タクシー

 

タクシー代は均一で205元(約780円):約15分

バスで行っても良いのですが20分ほどかかるし、立ちかもしれないので疲れます。ただでさえ九份は坂ばかりなので、ここで疲れるのは損です。

 

九份到着

タクシーの運ちゃんが「あそこが入口やー」と言ってくれるので、タクシーを降りてその場所にある階段を登りましょう。(海外なのでドアは自分で閉めましょう)

 

九份(キュウフン)

 

もう言う必要もない「千と千尋の神隠し」のモーフとなった九份。坂道を迷いウロウロしながら満喫してください。

夕刻ぐらいに行くと、じょじょに現実離れしたノスタルジックな雰囲気を味わえます。

私たちは十分駅15:35分の電車に乗って九份に16:17頃に着きました。まあこのくらいからが日が暮れてくるのでいいかもです。

まあ、月並みですが九份の街並みです。

 

九份(キュウフン)の観光情報

 

雨で大変でした。

 

九份(キュウフン)の観光情報





九份(キュウフン)の観光情報

 

九份からの帰り・・・

まあ定番なら、バスで瑞芳駅(ルイフォン Ruifang)まで行って電車で台北駅に帰るパターンでしょう。

ただ私たちは疲れていたのと、最後大雨風でしたので、タクシーで帰りました。約50分~1時間ほど(混み具合と、タクシーの運ちゃんによる)

 

※タクシーで台北駅まで帰る場合

だいたい、まずは定石として1500元と言われます、「えー!高いわ」と帰ると1200元(約4560円)に下がります。「それでもなー」というと3人なら相乗りで一人300元(約1140円)となります。

相乗りは均一で、300元(約1140円)それ以上は下がりませんし、下げるのも悪いです。1時間乗るのですから。

2人なら相乗りにならないようなので、近くにタクシーに乗ろうとしている人に「日本人ですか~」と声をかけて「日本人です」と答えたら「台北まで相乗りしませんか!」と声をかけましょう。

実際私たちもそうして、カップルに声をかけて「あいのり」しました。まあ、海外だからできることですね。

・・・ちなみに遅い時間なら19:00以降の場合はタクシーは台北にしか行ってくれません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です