知ってました?祝儀袋の選び方、書き方

cp02_sec01_col01_img011

祝儀袋は金額に合わせて・・・知っておきたい「のし」と「水引」の意味合い

結婚祝いを包むときは、右肩に「のし」が付いた祝儀袋で。これは「のしあわび」を簡略化したもので、昔から祝い事に縁起の良い海産物を贈ってきた名残です。祝儀袋に掛ける「水引」は、一般の祝い事は5本ですが、結婚祝いは慶びが重なるように10本が正式。結び方は、一度結んだらほどけない「結び切り」がお約束です。

「のし」なしや、何度も結び直せる「蝶結び」の祝儀袋はNGなので注意して。 また、包む金額や相手に応じて、失礼にならない祝儀袋を選ぶことも大切なポイント。これから紹介する基本を押さえておきましょう。

cp02_sec01_col02_img011

|個人や夫婦連名で、5万円以上包むなら

  1. 黄色い短冊状のものを「のしあわび」に見立て、紅白の紙で包んだ「のし」
  2. 結婚祝い用の水引は10本が正式。「結び切り」はこの形が正式
  3. 表面に波状のしぼのある檀紙(だんし)の祝儀袋は格が高い
  4. 夫婦連名の場合は、ともにフルネームか、夫の氏名の左に妻の名前を書いてもOK

cp02_sec01_col03_img011



|親しい友人や後輩に、2~3万円程度包むなら

  1. 祝儀袋の色は白が正式。カラフルな祝儀袋はカジュアルな印象
  2. デザイン化された「のし」や「水引」はカジュアルな印象
  3. 祝儀袋についている短冊に名前をかくときは、個人名か2名までがきれい
  4. cp02_sec01_col04_img011
  5. |会社関係や親族のお祝いに、3万円程度包むなら

    1. 水引の色は、金銀でも紅白でもOK。この水引の形は、「結び切り」をアレンジした「あわじ結び」
    2. 連名の場合は右側が目上の席。上下関係があるなら右から地位の高い順に名前を。友人同士なら五十音順で。3名までがきれい
    3. cp02_sec01_col05_img011
    4. |出席できないときに、1万円程度送るなら

      1. 祝儀袋が印刷の略式でも、結婚祝いには水引10本の祝儀袋を。水引5本は一般祝い用なのでNG
      2. 祝儀袋が略式でも、贈り主の名前はフルネーム、毛筆、楷書、濃い墨ではっきりと
      3. ※印刷の祝儀袋は厚みがなく、現金書留用封筒に納まるので、郵送には最適
      4. cp02_sec01_col06_img011
      5. |包み方にもルールあり。祝儀袋の裏側は「上向き」に重ねて

        祝儀袋の裏側は、「慶び・幸せを受けるように」という意味を込め、上向きに折り返した方を外側にして水引を掛けるのがルール。水引が印刷されている祝儀袋の場合も、重ね方は同じです。逆に重ねると不祝儀(葬儀)の折り方になり、失礼にあたるので注意して。式場で手渡す前に、もう一度確認を。

      6. cp02_sec01_col07_img011
      7. |お祝いの紙幣は、新札を・・・

        前もって予定されているお祝い事には新札を用意して包むのがマナー。シワクチャの紙幣では失礼にあたるので、早めに銀行へ行き、新札を準備しておきましょう。中包みの表には金額(写真右下)を、裏面に郵便番号・住所・氏名を楷書で書くのが正式。ただし中包みに金額や住所記入欄がある場合は、それに従って構いません。

      8. 漢数字の正式な表記
      9. 1万円    壱萬円(壱萬圓)
        2万円    弐萬円(弐萬圓)
        3万円    参萬円(参萬圓)
        5万円    五萬円または伍萬円(五萬圓または伍萬圓)
        7万円    七萬円(七萬圓)
        8万円    八萬円(八萬圓)
        10万円    拾萬円(拾萬圓)